高齢者の医療介護と家族のストレスの緩和

ビル

高齢者の医療介護では、家族のストレスの緩和も至上命題です。
親の介護を体験していない人たちは、話を聞いてもストレスは関心がなく、イメージもできません。
あくまでも外面的な経済的な面や介護のサービスなどの見える部分だけの関心です。
しかし、現実に親の介護を始めると、素人が医療介護をゼロから行うのですから、非常に精神的なストレスが溜ります。
例えば、認知症などの介護の場合、いつまで続ければよいのかということで悩んだりします。
介護の場合は職業にしている場合以外は、介護をする家族は自分の仕事や生活を犠牲にする必要があります。
大金持ちで、24時間ヘルパーなどを雇うことができる人以外は、費用がかかるので家族で介護をします。
そうなると自分の仕事はできません。
通勤ができないからですし、認知症の場合は何をするかわからないので目が離せないからです。
寝たきりの患者の場合にも定期的な作業があります。
ですので家族の精神的なストレス緩和は非常に重要になるわけです。