患者と医師をつなぐ医療事務が対応する主な業務

ビル

日々医療事務をメインとする時、必要不可欠な仕事となってくるのが窓口業務や患者のカルテを作成です。
さらに月末に行わなければならないレセプトや会計を担当します。
そんな中で仕事の中で聞くのがレセコンというもので、レセプトを作成するために使用するコンピューターを活用します。
レセプトは患者が受けた診療内容を、それぞれの医療機関へ請求していく、医療明細を指しています。
レセプトなどを月毎に発行していきますが、これは各保険者へ請求する仕組みになっています。
レセコンを活用して日々の業務を間違えずに進めなければなりません。
窓口業務も重要で、病院にやってきた患者が診察が初診なのか再診なのかを確認していきます。
もしも初診ならば患者の氏名や生年月日、さらに診察で必要な保険証の記号や番号があるかをチェックします。
これらも不足すると、保険料に大きな影響を与えていきます。
レセコンを使ってカルテを作り、再診であれば保険証の内容や点数を診察内容からはじき出していきます。
こうして円滑に医療事務の仕事を進めていかなければなりません。