革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

医療

ビル

体調が悪いと感じたときは、自己判断せずに出来るだけ早めに医療機関を受診するようにしています。
たとえば、風邪気味だと感じたとき、市販薬を飲んでも状態が変わらない場合は、早めにかかりつけの内科クリニックを受診して、お医者さんに診てもらっています。
そうすることで状態をこじらせてしまうことがなくなりますし、適切な処置をしてもらったり、お薬を処方してもらうことで早く治すことができるからです。
また、もしものときのために、医療保険にも加入して備えています。
保険に加入していれば、もしも大きな病気やケガをしてしまったときに、治療費の心配をすることなく治療に専念できるからです。
実際に、低温やけどをしてしまったときに手術が必要になり、2ヶ月以上も通院しなければいけなくなったときに、保険金を受け取ることができました。
完治するまで日数がかかる場合、保険金は非常に有難いものなので、これからも引き続きもしものときのために保険に加入しておきたいと思っています。

交通事故治療 金沢

トップレベルの免疫細胞療法

あきらめない患者と家族のために

不妊鍼灸はお任せください

運営に合わせた予約システム

最新ページ

ほほえむ女性

病院で必要な医療事務の仕事内容

様々な医療現場に携わっていく仕事はありますが、特定の資格がなくても仕事を行える職業もあります。

葉っぱ

高齢者医療介護の準備と国の補助制度やサービスの理解

高齢者の医療介護では、国の補助制度があります。
これらの制度をよく理解していると、親の介護もし

ほほえむ女性

患者と医師をつなぐ医療事務が対応する主な業務

日々医療事務をメインとする時、必要不可欠な仕事となってくるのが窓口業務や患者のカルテを作成です。

髪を掻き上げる女性

高齢者の医療介護と家族のストレスの緩和

高齢者の医療介護では、家族のストレスの緩和も至上命題です。
親の介護を体験していない人たちは、

Menu

新着情報